RSS | ATOM | SEARCH
実印・銀行印購入をお考えの皆様へ  必見です
JUGEMテーマ:印鑑

最近はプライベートブログが少なくてすみません
あまり外出もしませんし、毎日黙々と筆と印刀で格闘中です?

これからの時期、実印・銀行印が必要になる方々 多くなります

実印はどこで買いますか? 

通販もあるでしょう
文具店もあるでしょう
ホームセンターもあるでしょう

でもお奨めは 印鑑屋です

印鑑屋は敷居が高い とお思いでしょうが 最近は気軽に入れるお店もありますので 下見でも冷やかしでもOKですので どんどん行かれてください

でも印鑑屋に行く前に、予習しておきましょう

印鑑屋の言われるままだといやですよね

何度もお伝えしていますが 日進堂印房の実印説明の順番です
更に、お客様に決めていただく項目が4つあります

ご自分に照らして聞いてください

お客様名 沼尻伸二  男性  長男  成人

1、 実印作成は、 お客様のお名前を彫刻します

   沼尻伸二(フルネーム)
   沼尻(苗字)
   伸二(名前)
   沼伸(苗字と名前の頭文字)

   以上の4パターンです 頭文字はあまりお薦めしません

   男性はフルネーム 女性は 独身であればお名前
   既婚であれば苗字もしくはお名前が多いです

2、 サイズです 詳しい内容は近くブログでお話します

   印鑑屋に置かれている印材は、サイズがきまっています

   10.0mm  10.5mm  12.0mm  13.5mm  15.0mm
   16.5mm  18.0mm  21.0mm

   全国の市町村に定めてある 印鑑条例では

   8.0mm以上 25.0mmの正方形内におさまるもの
   と明記されています
   ですから印鑑屋に置かれている印鑑は実印可能なサイズです

   但し、フルネームで彫刻する場合は 10.0mmには無理です
   フルネームの場合、15.0mm以上のサイズをおすすめします
   また、男兄弟内でサイズが著しく違うのも考え物です
   長男が10.5mm で 次男が 18.0mm バランスが悪いです
   また夫婦間でも同じことが言えるでしょう
   サイズも重要な選択項目と言えるでしょう

3、 印影です

   実印を彫刻する上でもっとも重要なのが書体です
   パソコンをされる方はおわかりでしょうが、
   パソコンでは ゴシック体・明朝体が一般的ですが
   実印作成には 当然使いません

   日進堂印房の実印で一番多いのが 印相体です
   2番目に多いのが 篆書体(てんしょたい)です 
   このふたつで9割以上です
   
   通販はわかりません 自分で決める(クリック)のですから
   多くの印鑑屋は日進堂印房と同様だと思います

4、 最後です 印材です

   定番をお伝えしますと 

   象牙・牛角(うしのつの)・黒水牛・柘 この4つが印鑑屋の定番

   印鑑屋によっては定番以外に チタンやマンモスやカバ など
   独自性を出してそろえているお店もありますので、お店で
   ご確認ください

補足  印鑑ケースも重要な選択ポイントです

     印鑑屋によってここはバラバラなので何ともいえませんが 
     ケース別売りというお店もあります でも大事な実印
     必ず印鑑ケースを同時にご購入することをお薦めします
     ちなみに 日進堂印房 はケース込みで(選び放題)

明日より この4つの選択項目を更に掘り下げたいと思います

実印つくりの予習編 少しは参考になりましたか?

是非、あなたの街の あなたのご近所の 印鑑屋に行かれることをお薦めします
 
author:沼尻 伸二, category:実印・銀行印, 20:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://nisshindo.jugem.jp/trackback/623
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ