RSS | ATOM | SEARCH
実印を注文する時の注意点! 彫刻するお名前編 と 印鑑のサイズ編
JUGEMテーマ:印鑑

昨日のブログでは、印鑑購入の予備知識をお伝えしました
お読みでない方は、昨日のブログを参考にしてください

本日は 昨日の 1 と 2の項目について掘り下げてみます

印鑑を彫刻する場合 いくつかの項目をお客様に決めていただきます

その中に一番重要なこと どのように彫るかです

私たち日本人は、苗字があり、名前があります

昨日お話したとおり 私の本名(沼尻伸二)で例えるならば 

沼尻     OK
伸二     OK
沼尻伸二  OK
沼伸     OK   これはお勧めしておりません!

以上の4種類で彫刻した印鑑は 実印登録できます

実印とは 自分を証明する証でもあります

私の苗字は 多いランク 2450位ですので 鹿児島ではかなり珍しいです 茨城県の多い苗字です

但し、全国的には 鈴木・佐藤・高橋・田中・中村 は多いはずです

男性は 基本 フルネーム をお薦めします  苗字だけの実印ですと同じような印影がたくさん存在します 認印ならともかく 実印は やはり フルネーム がいいでしょう  偽造防止にもなるし 自分を証明する大切な分身だからです

女性の場合は ケースバイケースです 独身女性は今後結婚して 苗字が変更になります 独身の時に実印が必要になった場合などは、お名前でおつくりしてはいかがでしょうか 嫁がれても大丈夫です でも嫁がれた場合は、銀行印の変更は必要です
女性の場合、起業家として事業を起こそうとお考えになられている場合は、たとえ独身であろうと フルネームでお作りすることをお薦めします 事業経営には 男も女も関係ありません 印鑑登録証明書を法務局にとどけますので フルネームの実印がふさわしいかと!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

次に印鑑のサイズについてです!

色んなサイトや書物で確認しましたが 正解はありません
ただし、いえることは 印鑑屋サイドの一方的な情報には惑わされないでください 高いものを売りたいがための巧みなセールスも存在します

そこで出した 日進堂印房の結論

男性 15.0mm以上

女性 13.5mm以上

具体的にお話しますと印鑑には3種類あります 実印 銀行印 認印 それぞれ適正サイズが異なります

男性 実印    15.0mm以上
    銀行印  13.5mm以上
    認印    12.0mm前後

女性 実印    13.5mm以上
    銀行印  12.0mm前後
    認印    10.5mm前後

ここでいう認印は重要度の高い認印のことです 契約書とか履歴書とか 人生の節目に使用する大切な印鑑です 宅配便のサインや書留のサインなどはシャチハタのような認印でOKです

先日のお客様がこのようにおっしゃってました(25歳男性)

「ある印鑑屋に行ったら、18.0の象牙をすすめられました あなたの生年月日は、象牙と牛角がいいです」  更に

「男性は、大きいほうがいいです 一家の長になるんでしょ」

とも言われたそうです

間違いではありませんが・・・  やはり間違いかも

ひとつの例を参考にしてください

.ai.gif
大きいことはいいことですが 大きすぎるのもいかがかと!

何が言いたいかというと

遺産相続の場合、法定相続人全員の実印捺印が必要になります

父が亡くなった場合

筆頭相続人が 母

次に兄弟全員です

例えば長男が 13.5mm で 次男が 18.0mm だったらどうでしょう  バランスが悪いでしょう

先ほどの印鑑屋だったら 長男さんが小さいのよ となるでしょう 確かにそうかもしれませんが あくまで情報提供するのが印鑑屋の役割です 度を越えた断定はいかがなものかと?

また、18.0mm と 12.0mm を比較した場合 直径は 1.5倍ですが 印面内の面積は2.2倍と大きさにかなりの差が出てきます

だからどうしろという結論はありませんが、15.0mm以上としか書きようがありません 兄弟で話し合うのも変ですしね

また 男兄弟ひとり の場合などは完全に嫡男です 18.0mmで大きく逞しくおつくりするのもいいでしょう

また女性の方々も ご主人とのバランスもあるでしょう たまにはゆっくりとお話されてはいかがですか?

少しは参考になりましたか?

明日は 印影編 になります!

まだまだ続く印鑑屋ブログでした









 
author:沼尻 伸二, category:実印・銀行印, 16:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://nisshindo.jugem.jp/trackback/624
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ