RSS | ATOM | SEARCH
2020,東京オリンピックを考える
JUGEMテーマ:東京オリンピック


とうとう2020オリンピック開催地が決まります 9/7でしょうか

現在では当たり前の自宅のカラーテレビ!
初めて見たのは忘れもしない 1964年東京オリンピックの開会式
7歳だった私にカラーテレビで開会式を見せるため近所に寿司屋さんに連れて行ってくれた父を思い出します
そんな父も他界しましたが、あの時の感動・衝撃は今でも忘れません

赤いブレザーに白いパンツ・スカート 日本人選手団の入場行進の素晴らしかった事

一生の間に2度も見れる かな かな かな

過去は必然に動かすことの出来ない思い出に変わりますが
もし開催地が東京になったら どんな思い出になるのでしょうか?

イスタンブールも頑張っているそうです
マドリードも頑張っているそうです
当然、東京も頑張っています

オリンピックは平和の祭典だと教わりました
今もシリアや世界いたるところで戦いが起きています
オリンピックで世界各国の選手が競技を通じて競い合う
そんな場面を見てみたいと思います

参加することに意義がある そんな風に言われていました
今は、メダル至上主義になりつつあります
東京で開催されるのであれば、もう一度オリンピックの世界的意義を考えてみたいと思う今日この頃です

2020年 多分 64歳 今度は生で見てみたい 
56歳の独り言でした

 
author:沼尻 伸二, category:日記, 18:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ